身体のお悩み解決法

歪んだ姿勢がもたらす
デメリット

実はこれも姿勢が原因?

▼メニューは横にスライドしてご覧いただけます

肩こり

肩こり

頭が本来の位置よりも前に5㎝移動しただけで、首への負担は2倍になり、10㎝前に移動すると4倍もの負荷が加わります。頭というのは約6㎏の重さがありますので、頭が本来の位置にあり首の上に頭がのっている状態ですと、そこまで首に大きな負担はかかりません。
しかし、スマホやパソコンのモニターなどを見ようと、猫背のように頭を前に出した状態では、首への負担が大きく増加します。その負担を支える為に、首や肩回りの筋肉が常に緊張し、緊張によって血管が圧迫され、血流が悪くなることで肩こりの原因になることが考えられます。
マッサージなどで肩回りをほぐすと一時的には楽になるけど、またしばらくすると肩こりが戻ってしまう方は、土台となる背骨や骨盤の位置といった姿勢改善をしていくことで根本解決に繋がります

腰痛

腰痛

慢性的な腰痛は、明確な原因が存在せず、様々な要因が組み合わさって起こるものがほとんどです。例えば、運動不足により脳が不活性になることで、身体は常に緊張が続いている状態となります。この様な状態では、背骨に圧迫される様なストレスが加わったり、腰回りの筋肉の血流が悪くなり、痛みに関わる物質が生み出されたりしていきます。
その為、姿勢改善の為に行うエクササイズは、脳を活性化して慢性的な痛みを抑制したり、痛みを生み出す原因を減らしてくれたりと、姿勢改善エクササイズ自体が腰の痛みを良い方向へ導いてくれます。また、食事内容によっても痛みを引き起こす可能性がありますので、食事内容を見直すことも腰痛改善に繋がっていきます

頭痛

頭痛

背中が反り肋骨を前に突き出し、頭が前に出ているような現代人に多い姿勢は、首や肩回りへ大きな負担が掛かります。首や肩回りの筋肉が過剰な緊張を生むことで、いわゆる首や肩のコリが生まれ、そうしたコリが原因となり、頭痛が誘発されることも考えられます。
その為、正しい姿勢に改善していくことで、首や肩回りのへの負担を減らし、頭痛を引き起こす要因を減らすことが可能です

むくみ

むくみ

脚のむくみがひどいなど、むくみの原因は様々ですが、一般的に言われている「むくみ」を改善する為には、血液やリンパ液の流れなど、循環を良くすることが大切です。考えられる事として、リンパ液を循環させるポンプの役割をする筋肉を動かしているか?ということと、リンパが流れるリンパ管が流れやすい状態にあるのか?といった2点が重要になります
スマホやパソコンなどのデジタルデバイスを、長時間使用することで脳の不活性を招き、その結果として巻き肩や骨盤前傾位となり、リンパ管を圧迫してむくみやすい状態を創り出してしまうことが考えられます。
エクササイズやストレッチによる姿勢改善を通してポンプの役割をする筋肉を動かしながら脳を活性化し、むくみを根本から改善していきます

疲れを感じやすい

疲れを感じやすい

現代人の特徴的な姿勢として、背中が反り肋骨を前に突き出し、自律神経系である交感神経が常に優位な状態になりがちです。交感神経が優位な状態が続くと、ストレスに抵抗するホルモンであるコルチゾールなどが分泌され、その分泌を担う副腎が疲労、その後、副腎疲労によりストレスに対処できなくなり、免疫力の低下や慢性疲労に陥ります。そのような姿勢不良が続くことで、様々な疲労が引き起こされてしまいます。
疲れやすくなったと感じる方や朝起きるのが辛い方は副腎疲労の可能性がありますので、姿勢改善と栄養サポートを受けることをおススメします

体重と体脂肪を落としたい

体重と体脂肪を落としたい

運動を始めるきっかけの大半が体重や体脂肪を落としたいといった方です。運動は必要な要素ですが、先に考えて頂きたいのは食事改善となります。食事改善というと、厳しい食事制限を思い浮かべますが、あくまで無理のない範囲で知識をつけていくという方法になります。
体重が増える原因は運動不足も考えられますが、食生活に原因があることがほとんどですので、基本となる食事内容から考えて頂くとスムーズに結果が出やすくなります。またそれに合わせてトレーニングを行うことで、正しい姿勢へと矯正し、スタイルアップまで行うことができます

下腹部やせ

下腹部やせ

体型を気にしている多くの方が下腹部を気にされていることがよくあります。原因として考えられことは2つあり、ひとつは体脂肪量、もうひとつがインナーマッスルといわれる深層筋の筋力低下による内臓下垂です。
そのため食事カウンセリングと正しい骨盤の位置や立ち方、そして、お腹を引き上げる筋力を強化していきます

O脚矯正

O脚矯正

O脚は先天的な骨の変形ではなく、後天的な脚の使い方が原因であれば、それを解消することによって改善する可能性が高いです。また普段の姿勢や歩き方、場合によってはスクワットのやりすぎやフォームによって下半身がたくましくなることも少なくありません。
この場合、脚の使い方を学習し身体に覚え込ませていくことをおススメします

二の腕やせ

二の腕やせ

二の腕は引き締めていく際、最も大変な部分の1つです。特に女性は二の腕に脂肪がつきやすく落ちにくいと言われています。また、二の腕の筋トレで直接動かすということは二の腕を細くする上で実はあまり効果がなく、背中や肩甲骨、姿勢などによって脂肪がつきやすくなる原因であることも多いのです。
これには、本来の正しい姿勢へと矯正し、歪みを整えることで効果を感じられるでしょう

スタジオ情報 access

機能改善専門スタジオ the REFORMER

〒950-0917 新潟県新潟市中央区天神2丁目1-28
アクシス駅南イースト203号
TEL:025-282-5163 / FAX:025-282-5163
営業時間:9:00 - 21:00(定休日:不定休)

お問い合わせ contact ご予約やお問い合わせは、
下記コンタクトフォーム、
またはお電話にて承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。