ブログ

寝る前にハチミツを食べて不眠改善

こんにちは。

姿勢改善専門スタジオザリフォーマーです。

睡眠時間が少なかったり睡眠の質が悪くなると、過食の危険性があるということは以前の記事で周知の事実かと思います。

 
過食傾向にある際は血糖値が安定していない状態によって脳が疲労する事で、甘い物やすぐにエネルギーになる食品を欲してしまいます。
 
こういった場合はまず血糖値を安定させる事が必要なのですが、一つの方法として寝る前にハチミツを小さじ1杯食べる事をお勧めします。
 
なぜ、ハチミツを摂取するのが良いかを解説しますので、睡眠に不満を抱えている方は是非参考にしてみてください。

ハチミツがお勧めな3つの理由

 

はちみつの主な効果として

  • 血糖値の安定
  • 抗酸化作用
  • 整腸作用

主にこれらの効果が期待できます。

まず血糖値の安定についてですが、身体の性質上寝ている時は血糖値は低下しません。

しかし栄養バランスの乱れやストレス過多の状態が続くと寝ている際に低血糖状態になりやすいです。

その結果、朝起きられなくなったり日中の眠気につながってしまいます。

そこでハチミツの出番です。

ハチミツはブドウ糖果糖と呼ばれる単体の糖で作られている為、消化作業を必要としません

そして消化作業を必要としない分、速攻で体のエネルギーとなるのでエネルギーが不足しやすい低血糖の方にはお勧めです。

次に期待できるのが抗酸化作用です。

ストレスフルな生活は栄養バランスの乱れが続くと体は活性酸素というサビを体中で発生させてしまいます。

しかしハチミツに含まれているポリフェノールという成分はこのサビを落とす効果が期待できるのです。

睡眠が満足にできないことによって疲労が溜まることでも活性酸素は増加するので、こういった観点からもお勧めです。

最後に整腸作用ですが、ハチミツに含まれるオリゴ糖グルコン酸腸内の善玉菌を増やして悪玉菌の増加を抑える役割が期待できます。

悪玉菌の増加は体内の炎症を進めて、結果的に不眠を引き起こす原因になる場合があるので意識的に摂取するようにしてみましょう。

ハチミツを選ぶ際のポイント

ハチミツを選ぶ際のポイントしましては、なるべくオーガニックのハチミツを選ぶ事をお勧めします。

人の手で加熱、加工されている物だと身体にとって必要でない栄養が入っている場合があります。

成分表を見るか、国産の物を中心に探すのが良いかと思います。

こだわりたい方はハチミツ専門店でお気に入りの物を見つけるのも良いでしょう。

また、直接摂取する以外に肌から摂取できるハチミツを使用したコスメも近年は増えてきている印象です。

寝る前のハチミツを行って心身共にキレイな身体を創っていくきっかけになれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


この記事の執筆

中山 佑(なかやま ゆう)

パーソナルトレーナー養成の専門学校卒業後、新潟県三条市の某ジムにて勤務。
老若男女問わず幅広いジャンルの方々に対して、パーソナルトレーニングやスタジオレッスンでの指導を経験。
パーソナルセッションを担当していく中で、短期的な成功よりも運動を継続する事によって、身体とマインド両方がより良い方向へ向かうアプローチを提供。

4年半勤務した後、the REFORMERの「姿勢の悩みや身体の不調を根本的に改善する」というコンセプトに魅力を感じ入社し現在に至る。

スタジオ情報 access

機能改善専門スタジオ the REFORMER

              〒950-0994 新潟県新潟市中央区
              上所1丁目1番24号Nビル3階
TEL:025-282-5163 / FAX:025-282-5163
営業時間:9:00 - 21:00(定休日:不定休)

  •                    

お問い合わせ contact ご予約やお問い合わせは、
下記コンタクトフォーム、
またはお電話にて承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。